フランスアンティーク家具の魅力

日本で販売されてる西洋アンティーク家具のほとんどはイギリスまたはフランスのアンティーク家具です。
イギリスアンティーク家具も、フランスアンティーク家具どちらも装飾が大変美しく、日本でとても人気があります。

今回は日本で人気の西洋アンティーク家具の二つの中から上品で可愛らしい女性に人気のあるフランスアンティーク家具の魅力について紹介していきます。

アンティーク家具とは?

アンティーク家具は製造から100年以上経過したモノを総じてアンティークといいます。

ただし100年経過したからといって全てのモノにアンティークという言葉を付随させて価値がつくというわけではありません。
アンティークとは経過年数はもちろんのことながら、芸術作品として価値あるアンティークと呼びます。

フランスアンティーク家具の魅力

フランスアンティークは女性に大人気です。
それを裏付ける理由として分かりやすく例をあげると、きっと知らない人は居ないぐらい多くの方が一度は耳にしたことある「フランス人形」は女性にとても愛されていますね。

フランス人形には貴族やお姫様の様な気品あふれる女性の美しさを感じられます。
それと同様の気品あふれる美しさがフランスアンティーク家具にもあるのです。

フランス人形やフランスアンティーク家具どちらにも取り入れられており、女性を魅了する装飾は「ロココ様式」という美術様式で括られます。

ロココはルイ14世王位に就いていた1643?1715の終わりあたりにからフランス革命が勃発した1789年前の間の時期に作られたものをロココと呼びます。
これより以前のものをバロック様式といいます。

どちらも華麗な宮廷にある家具のようなデザインなのですが、明確に違いがあるので分かりやすく紹介しましょう。

バロック

  • ダイナミックで男性的
  • 贅を凝らした豪華な装飾
  • 明暗が強調された色彩

ロココ

  • 優雅で繊細で女性的
  • 淡い色彩と華奢な装飾
  • 白やパステル調の優しい色合い

この様に対照的な違いがあり、どちらにもそれぞれの良さがあります。
余談ですが、フランス国王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットもロココ様式のおうちで暮らしていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はフランスアンティーク家具の魅力について紹介していきました。

フランスアンティークの代表である「ロココ様式」は女性にとても人気があり現在でも魅了される人の増え続けています。

今回紹介したバロック、ロココの後に「新古典主義様式」「リージェンシー様式」「アールヌーボー様式」「アールデコ様式」と続いていきそれぞれに違ったフランスアンティークの魅力が備わっています。

様々なフランスアンティークの歴史がある中でも今回紹介した2つのうち特にロココは有名で、現在でもロココ様式を真似た家具や小物は日本でも作られていますが是非一度本物のフランスアンティークに触れてみてはいかがでしょうか。

お知らせ

アンティークに関する記事を随時アップしていくアンティークマガジンをOPEN!

2018.08.03

人気ランキング

今後のランキングにご期待ください

pagetop