【転売】アンティーク家具を売るならオーク材で攻めよう!

2019.02.08

日本のアンティークショップで見かける家具の中で、よく目にするのがオーク材で作られた家具です。

これは日本に限らず本場のヨーロッパでもオーク材で作られたアンティーク家具が多いことから最もポピュラーな素材といえます。
商品を転売して副収入を得るにはカテゴリを絞り込むことがとても重要です。

アンティーク商品も、何でも売れるというわけではありません。
的確にユーザーを狙い撃つ必要があります。

今回は、アンティーク家具を転売するならオーク材がお勧めな理由をご紹介させて頂きます。

成功するためにはカテゴリの選別が必須

アンティーク家具の転売で副収入を得るためには、ただただアンティーク家具を仕入れて出品していけば良い訳ではありません。
そんなことを続けるといつの間にか売れない在庫まみれになって副収入を得るどころか生活が苦しくなる結末をたどってしまいます。

必ず転売するならリサーチする必要があります。
何が、どの層に、どれくらい売れるのか

自分なりに調査して売れ筋を仕入れていきましょう。
その売れ筋を見極める方法でお勧めなのが一点に絞ることです。

全てのユーザーのニーズを満たそうとすれば、「コンバーチブルなバンでオフロード仕様の車」という比喩があるように誰のニーズにも応えられないようなことになってしまいます。

すべてのユーザーではなく、1人のユーザーのために設計することが結果を生む秘訣です。

オーク材一本に絞って転売開始

アンティーク家具は年代が幅広く、どの時代の家具が好きかどうかというのでもユーザーの好みが分かれます。

冒頭でも紹介しましたが、日本に限らず、本場ヨーロッパ圏でも広く愛されているのがオーク材です。
このオーク材に的を絞って商品を仕入するとピンポイントでオーク材を好む方が出品した商品を閲覧してくれることでしょう。

オーク、マホガニー、ウォールナットなどいろんな素材を取り扱うより、転売でも何か一つの専門店を目指しましょう。

オーク材のみを取り扱う専門家になればプロ顔負けの目利き力を身に着けることが出来て高い成果を生み出すことできるでしょう。

アンティーク家具は価値が下がらない

現代の新商品の家電などと比較してアンティーク家具は価格の変動がほとんどありません。
最新のアイテムだと、旬を過ぎた日を境に途端に売れなくなって在庫を抱えてしまいますが

100年以上経っているアンティーク品に今更流行がどうといった問題は付きまといません。
1年間売れなくても価値は下がらないので、転売にはアンティーク品が向いてるといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、アンティーク家具を転売するならオーク材がお勧めな理由をご紹介させて頂きました。

転売を始めて多くの方が失敗するの理由がいろんなものに手を出すからというのがあります。

多くのユーザーを自分一人で取りこぼさず狙おうと気負うと、結局どのユーザーのニーズにも応えられないまま終わってしまうので、的確にカテゴリを絞って始めることをお勧めします。

アンティーク品で仕入れやすく、ファンが多いのはオーク材です。
是非参考にされてみて下さい。