日本人vsイギリス人!国内で販売されているアンティーク家具は高い?安い?

2019.02.14

日本国内でアンティーク家具を見て回るとその金額の高さに驚きます。
椅子一つにしても5万~10万。

テーブルやソファなどは20万を優に超えるもので溢れています。

もしかして、アンティークショップが儲けようと高値に設定してそれが国内に浸透してるのではないでしょうか?
今回は、イギリスにいった日本人の意見と、日本を訪れたイギリス人のアンティーク価格に対する意見を紹介していきます。

イギリスを訪れた日本人の意見

旅行でイギリスを含むヨーロッパを訪れたことがある方で、蚤の市に行かれたことがある日本人は国内で販売されているアンティーク家具の値段について難色を示します。

蚤の市で売られてる価格と比べて何故こんなに高いのか?
人によっては、国内で売ってるアンティーク家具は詐欺紛いの価格設定だからと辛らつな事を言ってくる方もいらっしゃいます。

日本に訪れたことがあるイギリス人の意見

イギリスを訪れたことがある日本人とは反対に、日本に来たことがあるイギリス人がアンティーク家具を見ると、どうして日本でこんな値段で売ることが出来るのか不思議に思われる方ばかりです。

ヨーロッパで開かれている蚤の市のアンティーク家具はゴミ同然といって過言ではないほど状態が悪いのです。
キレイもの好きな日本人の感覚ではとても使えたものではありません。

それらアンティーク家具を輸送する料金、修復に掛かる費用とその仕上がりは現地の人からすると信じられないほど安いものに感じます。

審議!どちらが正解?

解釈は人それぞれですが、日本で西洋アンティークを販売しようとすると輸送費+旅費が必要となります。
それからヨーロッパ現地の蚤の市などで売られてるアンティーク家具は輸送の大変さよりも状態が悪く、観光で訪れてる人のお眼鏡にかなうことは絶対に無いと断言してもいいぐらいひどいものです。

それらを吟味すると、徹底した修復まで施している日本国内のアンティークショップで販売されている家具たちは意図して高い値段にしているわけではなく妥当な価格設定と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、イギリスにいった日本人の意見と、日本を訪れたイギリス人のアンティーク価格に対する意見を紹介させて頂きました。

旅行の際などに現地のアンティーク家具を見かけた人からすると、高額な値段設定に感じるかもしれませんが、現地の人からすると家具を輸送する費用や施されてる修繕レベルを見ると反対に安いと感じるほどの価格設定となっています。

感じ方は人それぞれですが、それでもアンティークショップで売られてる家具たちのそのほとんどは妥当な金額設定となっていることを覚えておいてください。