買い取り価格10万円!?アンティーク家具の中古買い取り相場

2019.02.14

粗大ごみとして処分してしまうと粗大ごみ処分の費用が掛かるだけですが、中古で買い取ってもらうと思いもよらぬ収入になることがあります。

特にアンティーク家具の場合買い取り専門的に行っているお店に査定を依頼して来てもらうと、粗大ごみとして処分したら大損してたと思うような金額を提示してくれます。

今回はアンティーク家具の中古買い取り価格の相場について紹介していきます。

買い取り相場は10万円以上?

アンティーク家具の中古買い取り相場は、一つあたり平均的に10万前後と言われています。
10万円を粗大ごみとして出してたら物凄く大損ですよね。

その数が3つや4つなら30万円、40万円といった大金になります。
買い取りをお願いすれば、ちょっとしたバイクや車が買えるぐらいの金額になる可能性がアンティーク家具には十分にあります。

ブランド品によって価格が大幅に上昇

アンティーク家具の中にも人気のブランドというものがあります。

  • フリッツハンセン
  • カールハンセン
  • アーロンチェア

といった現代でも人気があるブランドから、カサブランカなど今では入手困難なブランド品の家具だった場合、買い取り価格が一気に跳ね上がります。

こればかりは購入時に意識的に買わないことにはあとから偶然発覚するというケースは、まず無いのであまり期待はできないかもしれませんね。

アンティーク家具の買取方法

アンティーク家具を買取ってもらう方法はシンプルでリサイクルショップや専門店に電話やネットで問い合わせてみましょう。

多くの場所が無料で査定に来てくれるので電話一本で楽に話しが進みます。
急ぎでない場合は何社か査定をお願いして一番高いところに買い取りお願いする方法を推奨します。

買い取り時に場合によっては買い取り価格の値段交渉にも応じてくれます。

「購入時これぐらいしたのにそれだけにしかならないの?」
「もう少し買い取り価格上げてくれると嬉しいんだけど」
など勇気を出して伝えてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はアンティーク家具の中古買い取り価格の相場について紹介させて頂きました。

アンティーク家具は粗大ごみとして処分するには勿体ないなんて言葉では計り知れなほど高価な価値があります。
手放すことを検討されてる方は、リサイクルショップや、アンティーク買取専門店などに問い合わせてみましょう。