初めてアンティークを手に取るなら小物がオススメ

2019.02.27

そのたたずまいの美しさや歴史背景など見れば見るほど知れば知るほど魅了されるアンティーク家具ですが、憧れはあってもは何から手を出そうか悩んでる方も多いのではないでしょうか?

その悩みの一つにアンティーク家具を取り入れると全てアンティーク家具に変えていかないと雰囲気が合わないんじゃないかという考えに陥りがち。

今回はそんな初めての方にオススメのアンティーク家具の取り入れ方を紹介していきます。

現代家具と相性良い

1つ購入すると全て変えていかなきゃいけないとついつい思いがちですが、アンティーク家具は現代家具との相性も良いのであまり深く考え無くても大丈夫です。
1つ取り入れたからといって悪目立ちしたり、部屋のバランスが大きく崩れたりすることはバロック調などの少し癖が強いものでない限りほぼありません。

畳のある和室にも、現代建造物の象徴といえるマンションの一室にアンティーク家具を取り入れても違和感なく自然と馴染みます。

小さい家具から取り入れる

テーブルやソファー、ドレッサーなどは大きいので取り入れると強い存在感を出してくれます。
しかし一気に部屋の雰囲気を変えたいと思った方は大型の家具でもいいかもしれませんが、初めてアンティークに触れる方は小さな家具から始めて今の部屋と照らし合わせながら徐々に取り入れてくことをお勧めします。

サイドボードやチェア、スタンドグラスといった小物から始めて、だんだんと感じが掴めて来たら時代と木材を意識しながら増やしていくとしっかりと部屋に統一感が生まれてきます。
あまりどの時代に作られたものか?なんという木材なのかが分からない方は携帯電話のカメラ機能で写真を取ってからアンティークショップのスタッフに相談すると相性の良い家具を紹介してくれます。

小物からスタートもオススメ

アンティーク品は家具からではなく、小物から始めても問題ありません。

小物はアンティークショップのその時々の状況によって異なりますが、ガラス瓶、グラス、テーィーカップ、スタンド、ブローチやネックレスなどのアクセサリーまで様々なモノが取り扱われています。アクセサリーなんかは取り入れやすく年齢問わず多くの方に人気です。

また、近年ではアンティーク品でガラス瓶もキッチンの収納アイテムとして大人気です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は初めての方にオススメのアンティーク家具の取り入れ方を紹介させて頂きました。

大型の家具などになると、どうしても決断に迷われると思いますがイスやサイドテーブルなどの小さな家具や小物から始めると取り入れやすくお値ごろで手が出しやすいのでオススメです。

気に入ったものを見つけたら難しく考えずまずはお迎えしてみて下さい。そこから次第にアンティークライフが始まるかもしれませんよ。